アモン薬局・さくら薬局では、薬剤師が患者様のご自宅や高齢者施設へ訪問し、お薬の管理や服薬支援を行っています。  

在宅訪問とは?

薬剤師が医師の指示に基づいて、ご自宅や高齢者施設を定期的に訪問し、病気の状態などを医師・ケアマネジャー等と相談しながら服薬状況や残薬のチェック等のお薬の管理を行います。

医師の指示と患者様もしくはご家族の書面での同意が必要となります。

ご本人が一人で病院や薬局に行けない場合、在宅訪問が保険で適応されます。

このような方にオススメ

・ご本人が一人で病院や薬局に行けない場合

・お薬の飲み忘れや種類が多くて混乱してしまう

・薬がなんだか飲みにくくなってきた

・施設入居の方のお薬を一括管理してほしい

・薬の余りが多くて困っている

お薬をお届けするまで

①医師の診察(ご自宅・高齢者施設)

②処方箋を薬局へ

病気の状態や服薬状況等を相談し、発行された処方箋をお預かり。複数の病院で処方がある場合は、薬の飲み合わせも管理します。

③調剤

薬剤師が処方箋に基づき、お薬を飲みやすいよう一包化や粉砕を行います。

(飲み間違いを防止できます)

④お届け

服薬事に一包化したお薬を曜日ごとにケースにセットした状態で施設やご自宅へお届けします。

薬剤師はどんなことをするの?

1.患者様のご自宅や施設へ訪問

2.お薬の服薬、使用が出来ているか、また、体調の変化等も確認

3.医師やケアマネジャーへ報告          

セット方法のご紹介

♦服薬カレンダー(ご自宅の方…写真①)やケース(高齢者施設の方…写真②~④)を使用。

♦ご希望の曜日からお薬のセットをします。

♦外用薬へ患者様の名前シールを貼ることも可能です。(高齢者施設の場合)


※薬のケースはご要望に添ってご用意いたします。

    

    

    

    

ご利用料金

介護保険 居宅療養管理指導料    を算定します。

※別途、健康保険を利用してお薬代がかかります。

1割負担

1回あたり517円

2割負担1回あたり1,034円
3割負担

1回あたり1,551円