ジェネリックとは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、
先発医薬品(新薬)の
独占的販売期間(特許期間及び有効性・安全性を検証する再審査期間)が
終了した後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で
効能・効果、用法・用量が原則同一であり、
先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。
欧米では有効成分の一般名(generic name)で
処方されることが多いため、
「ジェネリック」という言葉で呼ばれています。

患者さんの体質によっては、添加物が原因で
アレルギー反応などの副作用等を引き起こすことがまれにありますが、
これは先発医薬品であってもジェネリック医薬品であっても、
同様におこりうることです。

処方せんによってはジェネリックに変更したり、
変更後も次回処方以降は先発医薬品に戻すこともできますので
お申し出ください。


またオーソライズドジェネリック(AG)というものがあり、
先発メーカーに特許等の使用を許可された
ジェネリック医薬品のことです。
一般的なジェネリック医薬品は、有効成分は先発品と同じですが、
原薬や添加物、そして製造方法などが先発医薬品と異なる場合が
あります。
AGは、先発医薬品の製造メーカーから特許等の許諾を受けた
ジェネリック医薬品なので、原薬や添加物、
そして製造方法などが先発品と同一の医薬品です。