かかりつけ薬剤師とは

「かかりつけ薬局・薬剤師」

みなさんは「かかりつけ薬局」を決めていますか。
かかりつけの病院は決めていても、薬局は病院の近くの薬局になりがちかもしれません。
「かかりつけ薬局」を決める事で、複数の病院でもらった薬の飲み合わせの確認ができ、安全に薬を飲んでいただく事が出来ます。
さらに、かかりつけ薬局の中から「かかりつけ薬剤師」を選ぶ事が出来ます。
「かかりつけ薬剤師」は2016年4月から始まった制度です。患者様がかかりつけの薬剤師を決める事で、基本毎回同じ薬剤師が担当します。
同じ薬剤師が毎回担当する事によって、より確実に薬の飲み合わせや、薬の効果・副作用の確認が出来ます。
営業時間外に電話で薬のことについて相談が出来るのもメリットの1つです。
「かかりつけ薬剤師」は、いくつかの要件を満たした薬剤師のみが資格を得る事ができ、十分な「経験」と「知識」がある薬剤師がサポートさせていただきます。
「かかりつけ薬剤師」は、かかりつけ薬剤師指導料が発生しますが、3割負担の場合、60円または100円程度でサービスを受けることができます。